読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとがみのブログ(仮)

Author:ゆとがみ ポケモン中心に色々と書きます。 日本語おかしい部分が多々あるとは思いますがご容赦ください。

【バンドリ】バンドリ始めました。【BanG Dream!】

はい、タイトルに釣られてダウンロードしてしまいました。

f:id:YutoOgura:20170319223904p:plain

 

バンドリ

 

こんなんポケモン勢なら全員釣られるやろ!!!(暴論)

 

とか言いつつとりあえずチュートリアルを・・・

f:id:YutoOgura:20170319224708p:plain

はぇーすっごいヌルヌル動く・・・

 

ソシャゲってのはあんまりやらないんですけど最近の(基本)無料ゲームのクオリティには驚かされるばかりです。

 

ソシャゲはこれの他にスクフェスデレステをやったことがあります。これら2つもバンドリ同様音ゲなのでそれらと比較していきたいところです。

 

とりあえずパパパッとチュートリアルを終えて石をゲット、リセマラを始めます。

 

チュートリアルは(ストーリー飛ばせば)5分くらいで終わりました。スクフェスはリセマラとかしなかったので置いて置いて、デレステに比べかなりリセマラ効率が良いように思えます。

 

さて、とりあえず1回ガチャを回して・・・

f:id:YutoOgura:20170319225159p:plain

リセマラ終了のお知らせ。

 

1回目で本ゲーム最高レアリティの☆4を引いたのでいきなりリセマラ終わっちゃいました。フォロワーさんもこれで良いと言ってましたしこれで始めます。

 

 

さて、肝心の音ゲ要素です。

f:id:YutoOgura:20170319230059p:plain

プレイ画面がこんな感じ。

 

ラインが7本あって奥からノーツが流れてくる感じです。

 

ちょっと時間なかったんで写真撮ってないんですけど通常のノーツ、同時押し、ホールド、スライドなんかがあります(あった気がします)。

 

プレイしていて思ったことですがプレイ中各キャラが声をかけ合うような場面が多々見られます。

 

初心者なのでこれがスキルなのか何なのかはよくわかりませんがバンドっぽい感じがして僕は好きです(小並感)。

 

1回プレイしてみて僕が良いな、と思った点はここですね(他の音ゲと比較して)。

 

 

 

あと僕が一番驚いたことなんですけど

f:id:YutoOgura:20170319231029p:plain

 

こんな感じにオリジナル曲に加えてカバー曲も入っているのです。

 

これは過去に僕がプレイしてきた他の音ゲにはなかった要素ですね。

 

これからまた増えていくのでしょうか?

 

さて、話が前後して申し訳ないですがこれがホーム画面になります。

f:id:YutoOgura:20170319232251p:plain

この画面左右前後に動かせましてキャラ同士の会話を見ることが出来ます。

 

そしてその会話を見るとライブをしたときのように経験値がもらえるんですね、これもまた他の音ゲには無い要素のように思います。

 

f:id:YutoOgura:20170319232429p:plain

このように他の場所にも行くことが出来ます。他の場所でも会話を見ることで経験値がもらえます。

 

ストーリーを進めるにつれていける場所も増えるのでしょうか。

 

 

 

 

とりあえず始めて見た感想はこんな感じです。 

 

 

 

 そうそう、

f:id:YutoOgura:20170319225831p:plain

f:id:YutoOgura:20170319225837p:plain

f:id:YutoOgura:20170319225850p:plain

f:id:YutoOgura:20170319225859p:plain

f:id:YutoOgura:20170319225912p:plain

 

 

 バンドリにはこのようにいくつかのバンドが存在しているようです。

 

存在している「ようです」、っていうのも実は僕このバンドリというコンテンツについて今はまだ何も知らない状態なんですよね。

 

スクフェスラブライブのアニメを事前に見ていたし、デレステは前にあったデレマスをプレイしていたからキャラや世界観は大体知っていました。

 

しかし、このバンドリ、今の段階でキャラの名前ひとつ知りません。

 

というわけでこれからプレイしていく中で色々知って行ければなと思います。

 

バンドリについて詳しい人、また最近始めました!って人も声をかけていただければ嬉しく思います。

 

それでは。

 

何かあればこちらまでTwitter:@YutoOgura_